タグ:裁判

    1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/08/01(水) 23:21:07.66 ID:pHTbpS4g0● BE:324064431-2BP(2000)

    死刑制度の廃止派はわずか9% 奉仕活動で償わせるべきとの意見も



    死刑制度を廃止している国も多いが、日本にはまだ制度が存続している。7月には、オウム真理教の元教団幹部13人への死刑が執行された。
    これを受けて、駐日欧州連合(EU)代表部およびEU加盟国の駐日大使らは2度に渡って共同声明を発表。
    「いかなる状況下での極刑の使用にも強くまた明白に反対」と主張した。


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15096323/
    no title

    【【速報】死刑制度の廃止派は僅か9%、…日本人、ヤバすぎる。 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [US] 2018/07/17(火) 22:37:08.98 ID:wi4w/ck+0 BE:194767121-PLT(12001)

    子どもを連れ出した母親がハーグ条約に基づく返還命令を拒否したことをめぐる裁判で、名古屋高等裁判所は、母親による拘束は違法だとして
    子どもを父親に引き渡すよう命じる判決を言い渡しました。ただ判決後、母親は子どもと一緒に立ち去り、行方がわからなくなっていて、
    引き渡しが実現しない可能性が出ています。
    この裁判は、子どもを日本に連れ帰った母親がハーグ条約に基づく返還命令を拒否したことから、アメリカに住む父親が、罰則規定のある
    日本の人身保護法に基づいて子どもを引き渡すよう求めたものです。

    最高裁判所は、今回のケースは母親による拘束に当たり、返還命令の拒否は原則違法になるという初めての判断を示し、母親と子どもを
    出頭させるため、高裁で改めて審理するよう命じていました。

    17日の判決で、名古屋高等裁判所の戸田久裁判長は「子どもは、母親のもとにとどまるかどうか決めるのに必要な情報を得ることが
    困難な状況に置かれてきた」などと指摘し、母親による拘束は違法だとして、子どもを父親に引き渡すよう命じました。

    ただ、判決後、母親は子どもと一緒に立ち去り、行方がわからなくなっています。

    ハーグ条約をめぐっては、今回のように返還命令を拒否するケースが相次いでいますが、最高裁の判断は返還命令に
    実効性を持たせるものとして注目されていました。
    しかし母親と子どもが立ち去ったため、結局、引き渡しが実現しない可能性が出ています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180717/k10011537371000.html
    no title

    【アメリカ人の夫が子供を返す様に日本で裁判起こした結果で勝訴 但し母子は行方不明】の続きを読む

    このページのトップヘ